家庭菜園季節

家庭菜園季節

ひょうたんやヘチマなどの棚作りは、早い方が良いです。土壌の伝染性の病原菌の心配がいらないです。除草剤を使ったら、1年間は家庭菜園のその場所に、イネ科、ウリ科、ほうれん草の栽培をしないようにします。家庭菜園で野菜を栽培したいという方は、用意する土は、腐葉土と堆肥を一緒にした"培養土"が1番です。家庭菜園は、1坪もあれば畑作業が出来ます。

鉢の家庭菜園ができる野菜には、ほうれん草、春菊、小松菜、ニラなどといったものです。家庭菜園に慣れはじめた中級者には、ブロッコリー、トマト、白菜、カリフラワーが適しています。

防ぐ対策には、丁度いい水分を与えてあげる事です。トマト青みがかったものは15度くらい、真っ赤に熟したら0度以下が適温です。"連作障害"と呼んでおり、防止策には"輪作年限"という、家庭菜園の栽培を休憩させてあげる時間が欠かせません。目安にされて、家庭菜園でとれた野菜を、最後まで美味しく召し上がって下さい。

イチゴやソラマメ、サヤエンドウ等を、鉢で家庭菜園作りです。

伊豆白浜 ビーチホテル 教会やお寺で行う七五三の参拝 伊豆下田 下田東急ホテル ウォーターサーバーで料理 ニュージーランドの生活資金